ナビゲーションスキップメニュー
  1. 本文へ移動する

熱中症予防について

熱中症に注意しましょう

新型コロナウイルスの出現に伴い、感染防止の3つの基本である(1)身体的距離の確保、(2)マスクの着用、(3)手洗いや「3密(密集、密接、密閉)」を避ける等の「新しい生活様式」が求められています。

十分な感染症予防を行いながら、熱中症予防もこれまで以上に気をつけるようにしましょう。

熱中症の症状

軽症

めまい、立ちくらみ、筋肉痛、汗が止まらないなど

中等症

頭痛、吐き気、身体のだるさ(倦怠感)、虚脱感など

重症

意識をなくす、けいれん、高い体温、呼びかけに応じない、歩行困難、走れないなど

熱中症予防行動のポイント

(1)暑さを避ける

  • エアコンを利用する等、部屋の温度を調整
  • 感染予防のため、換気扇や窓開放によって換気を確保
  • 涼しい服装にする

(2)適宜マスクを外す

  • 気温・湿度の高い中でのマスク着用は要注意
  • 屋外で人と十分な距離(2メートル以上)を確保できる場合には、マスクを外す
  • マスクを着用しているときは、負荷のかかる作業や運動を避け、周囲の人との距離を十分にとった上で適宜マスクをはずし休憩する

(3)こまめに水分補給をする

  • のどが乾く前に水分補給
  • 大量に汗をかいたときは塩分も忘れずに補給する

(4)日頃から健康管理をする

  • 日頃から体温測定、健康チェックをする

(5)暑さに備えた体作り

  • 暑くなり始めの時期から適度に運動を
  • 水分補給は忘れずに、無理のない範囲で

熱中症になったときの処置

  1. 涼しい場所へ避難させる
  2. 衣服を脱がせ身体を冷やす
  3. 水分・塩分を補給させる

※水分を自力で飲めないときや症状が改善しないとき、または反応がおかしい場合は直ちに救急車を要請する。

参考情報

以下のホームページを参考に熱中症について正しい知識を身につけ、体調の変化に気を配り熱中症による健康被害を防ぎましょう。

この記事をSNSでシェアする
  • Twitter
  • facebook
  • LINE

この記事へのお問い合わせ

健康づくり推進部健康づくり推進課

〒035-8686

青森県むつ市中央一丁目8-1

電話:0175-22-1111(代表)

健診担当 内線:2574・2576〜2578

保健事業担当 内線:2571・2572・2575・2579

アンケートフォームホームページのよりよい運営のため、アンケートにご協力をお願いします

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:ご意見・ご要望をお聞かせください。

※ 施設利用など(予約・申込等)については、アンケートでは受付できません。各施設へご連絡ください。

ページ上部へ