ナビゲーションスキップメニュー
  1. 本文へ移動する

後発医薬品(ジェネリック医薬品)について

ジェネリック医薬品を利用する

 ジェネリック医薬品は、新薬の特許期間が切れたあと新薬と同じ有効成分で製造した薬のことです。品質再評価を済ませているので、安全性も十分な医薬品です。

 

  • 価格が抑えられています

 開発や研究にかかる時間・コストが抑えられるので、価格が新薬より安く、医療費を減らすことにつながります。

  • ジェネリック医薬品を希望する場合

 医療機関や薬局の窓口でジェネリック医薬品を希望する旨を伝えるか、「ジェネリック医薬品希望シール」を貼った保険証を提示してください。

セルフメディケーションをご存じですか?

 セルフメディケーションとは、「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当すること」です。バランスのよい食事、適度な運動や身体活動、質の良い睡眠など健康管理を行い、軽い体調不良の時には、薬剤師の相談し、市販薬(OTC薬品)を利用するなどして対処しましょう。

お薬手帳を活用しましょう

 自分が使っている薬の名前・量・日数・使用方法などが記録できる「お薬手帳」を活用していますか?お薬手帳は一冊にまとめ、服薬状況をしっかり管理しましょう。

 医師や薬剤師に手帳を見せることで、同じ薬が重なっていないかなどの確認をしてもらうことができます。

ポリファーマシーを防止しよう

 ポリファーマシーとは、多くの薬を服用することにより、体に有害な事象が起こりやすくなることです。薬の種類が多い時や薬が余ったときは、薬剤師に相談しましょう。複数の医療機関にかかっている場合でも、かかりつけ薬局を決めることで重複服薬や薬の飲み合わせによるトラブルを防ぐことにつながります。

この記事をSNSでシェアする
  • Twitter
  • facebook
  • LINE

この記事へのお問い合わせ

健康づくり推進部国保年金課

〒035-8686

青森県むつ市中央一丁目8-1

電話:0175-22-1111(代表)

国保担当 内線:2433・2435

年金、後期高齢者医療担当 内線:2442・2444

アンケートフォームホームページのよりよい運営のため、アンケートにご協力をお願いします

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:ご意見・ご要望をお聞かせください。

※ 施設利用など(予約・申込等)については、アンケートでは受付できません。各施設へご連絡ください。

ページ上部へ