ナビゲーションスキップメニュー
  1. 本文へ移動する

むつ市ハイリスク妊産婦アクセス支援助成金交付事業のお知らせ

ハイリスク妊産婦アクセス支援助成金交付事業

妊産婦さんが治療、出産、NICU(新生児特定集中治療室)・GCU(新生児治療回復室)に入院中のお子様の面会のために総合周産期母子医療センターまたは地域周産期母子医療センターへ通院または入院等に要する交通費および宿泊費等必要な経費の一部を助成します。 

対象医療機関

・総合周産期母子医療センター : 青森県立中央病院
・地域周産期母子医療センター : 弘前大学医学部附属病院、国立病院機構弘前病院、八戸市立市民病院 、むつ総合病院

※対象医療機関が所在する市外から、通院等をする場合が対象になります。
むつ総合病院の新生児治療室への面会は対象外となります。 

助成対象者

むつ市に住所を有する妊産婦さんで、次のいずれかに該当する方

1.ハイリスク妊婦管理加算またはハイリスク分娩管理加算が算定された方
2.ハイリスク妊娠またはハイリスク分娩に相当する疾患を有する等と医師が認めた方
3.NICU(新生児特定集中治療室)またはGCU(新生児治療回復室)に入院している新生児を持つお母さん 

助成期間

1.助成対象者の(1)、(2)のいずれかに該当する方が、対象医療機関で診療のために、 通院、入院または待機宿泊を開始した日から通院または入院が終了する日まで(最大産後6週間)
2.新生児がNICU等に入院した日から退院した日まで(最大産後2ケ月)
3.助成対象者の(1)または(2)に該当し(3)にも該当する方が、対象医療機関で診療のために、通院または入院、待機宿泊を開始した日から通院または入院が終了する日まで(最大産後6週間)と新生児がNICU等に入院した日から退院した日(最大産後2ヶ月)を比較していずれか遅い日まで 

助成対象内容

1.交通費:公共交通機関(電車・バス)、タクシー、自家用車(自宅または宿泊施設からの移動距離数により別途計算します。また、有料道路および有料駐車場利用も対象になります。)
2.宿泊費:宿泊施設の宿泊代

※1回の分娩(多胎も1回とする)につき、助成金額の上限額は100,000円です。
※ハイリスク妊娠(分娩)管理加算に係る疾患について、対象医療機関内の他科で受診した際の交通費および宿泊費も対象となります。

 申請方法

申請時に必要なもの

1.ハイリスク妊産婦アクセス支援助成金申請書(第1号様式(第4関係)).pdf   PDFファイル(278KB)
2.青森県周産期母子医療センターNICU・GCU面会状況報告書(第2号様式(第4関係))pdf   PDFファイル(278KB)
※助成対象者(3)該当者のみ提出
3.むつ市ハイリスク妊産婦アクセス支援助成金交付申請書(第1号様式(第5条関係)PDFファイル(277KB)
4.母子健康手帳の写し(診療日・出産予定日および出産日が記載されている部分)
5.診療明細書または領収書
6.交通費に係る領収書(タクシー、有料道路および有料駐車場を使用した場合提出)
7.宿泊費に係る領収書
8.印鑑 (氏名を自著する場合は不要)
9.通帳など振込先がわかるもの(妊産婦さん本人の口座のみ有効)

申請の流れ

助成対象者に該当したら、上記1、2、3の様式を印刷(むつ市役所子育て支援課窓口でもお受取いただけます)して必要事項をご記入の上、1を病院に提出し病院欄に記入してもらいます。
新生児がNICU等に入院している場合は、2を新生児との面会毎に病院に記載してもらい、退院時には病院から退院日も記載してもらいます。
上記の申請に必要なものを準備してむつ市役所子育て支援課の窓口にお越しください。
内容を確認し、助成金額が決定したら、お手紙でお知らせします。後日、ご指定の口座へお振り込みとなります。

※申請期限等についてはこちらのチラシをご確認ください。

むつ市ハイリスク妊産婦アクセス支援助成金交付事業チラシPDFファイル(620KB)

この記事をSNSでシェアする
  • Twitter
  • facebook
  • LINE

この記事へのお問い合わせ

子どもみらい部子育て支援課

〒035-8686

青森県むつ市中央一丁目8-1

電話:0175-22-1111(代表)

子ども家庭総合支援担当 内線:2527

子育て世代包括支援担当 内線:3715

にっこりっこ 内線:3719

アンケートフォームホームページのよりよい運営のため、アンケートにご協力をお願いします

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:ご意見・ご要望をお聞かせください。

※ 施設利用など(予約・申込等)については、アンケートでは受付できません。各施設へご連絡ください。

ページ上部へ