ナビゲーションスキップメニュー
  1. 本文へ移動する

むつ市都市公園PPP活用制度

むつ市都市公園PPP活用制度とは

むつ市都市公園PPP活用制度は、都市公園法に基づく公募設置管理制度(Park-PFI)を参考に、民間からの事業提案のもと、公園内を占用する施設とともに公園の魅力や利便性の向上に資する施設を民間資金により公園内に設置し、管理運営する制度です。

本制度の活用にあたっては市と事業者の間で設置等施設の整備および管理運営に関する協定を締結することとなります。

制度活用のメリットについて

民間事業者のメリット

  • 公園の魅力や利便性の向上に資する施設整備や管理等へのインセンティブとして、公園使用料の減免等を受けられる 
  • 公園の機能を活かした幅広い事業展開が可能となる 

公園管理者のメリット

  • 占用施設と合わせて、公園の魅力や利便性の向上に資する施設を民間資金を活用して設置できる 
  • 官民連携により公園と民間施設の一体的な施策が展開できる 

PPP制度の活用要件

  1. 提案内容と市関連計画の整合性が取れていること 
  2. 公園の魅力と利便性の向上に向けて民間資金が活用されていること
    • 各施設の整備費の他、事業者による公園維持管理費など、公園サービスの向上に向けて民間資金が活用されている場合も対象とする 
  3. 管理運営に関する協定を締結する 
    • 市と民間事業者の間で、施設整備およびその後の管理運営に関する必要な事項を定めた協定を締結する。
この記事をSNSでシェアする
  • Twitter
  • facebook
  • LINE

この記事へのお問い合わせ

都市整備部都市計画課

〒035-8686

青森県むつ市中央一丁目8-1

電話:0175-22-1111(代表)

都市計画・みどりと景観担当 内線:2743・2744

アンケートフォームホームページのよりよい運営のため、アンケートにご協力をお願いします

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:ご意見・ご要望をお聞かせください。

※ 施設利用など(予約・申込等)については、アンケートでは受付できません。各施設へご連絡ください。

ページ上部へ