平成26年6月22日(日)、毎年恒例となった「大畑海峡サーモン祭」がむつ市大畑漁港魚市場内で開催されました。
 毎年、むつ市外からのお客さんも多数集まるこのイベントですが、今年は市内外から約5,500人が集まり、来場者はサーモンレースを楽しんだり、サーモン料理に舌鼓を打っていました。
 会場は、海峡サーモンの即売や料理販売のほか、各種イベントや下北の物産販売で賑わい、子どもたちに大人気の「つかみどり」や「タモすくい」のコーナーでは、絶えず歓声が上がっていました。

画像:即売された海峡サーモン画像:大畑中学校吹奏楽部・大畑ウインドオーケストラ演奏会も行われました

画像:養殖体験航海の様子画像:『タモすくい』でサーモンをすくい取った様子

画像:『サーモンレース』で出走するサーモンを泳がせるジョッキー画像:手作りサーモンパンを焼く子どもたち

画像:料理コーナーで販売された海峡サーモンの塩焼き・カマ焼き画像:おでんなどの料理や三平汁、サーモン丼なども販売されました

 当日の様子を「COCOAR」(ココアル)を利用して、一部動画でご紹介する予定です。詳細は「むつ市政だより」7月10日号に掲載予定です。視聴可能な方は、こちらも是非ご覧ください。

「COCOAR」とは? 

 イラストや写真に「COCOAR」というアプリをインストールしたスマートフォンなどをかざすと、映像をご覧いただけるサービスです。
 ご利用には、スマートフォンなどで、「COCOAR」アプリをGoogle Play(アンドロイド携帯)・App Store(アイフォーン)からダウンロードが必要です。
 むつ市では、このサービスを利用した旬な映像の配信を試験的に行っています。配信の際は、市政だより等でその都度お知らせします。