私たちの財産や生命を脅かす災害は、いつ起こるかわかりません。近年は風水害による被害が顕著であり、平成29年7月九州北部豪雨や、記憶に新しい平成30年7月豪雨では多くの方々が被害に遭われました。
 実際に災害が発生したときに自らの安全を確保するためには、これまでの経験や教訓を活かし、常に災害に備えておく必要があります。そこで市では、災害発生時の応急対策等が迅速かつ的確に行うことができるよう、毎年訓練を実施しておりますが、今年度は、9月27日木曜日、脇野沢中学校グラウンドを主会場として、平成30年度むつ市総合防災訓練を実施します。
 今回の訓練は台風の上陸に伴い、大雨特別警報が発表されたとの想定で、河川の氾濫や土砂災害に特化した訓練を行う予定としております。
 当日は、むつ市単独の訓練では初となる風水害を想定した訓練及びペット同行避難訓練を行います。さらに、今年の炊き出し訓練では「おおみなと海自カレー」の試食ができます。
 例年にはない訓練を多数行いますので、たくさんの皆様の御参加をお待ちしております。
 また、訓練会場ではパトカー、救急車、消防自動車等のサイレンや、ヘリコプターの騒音等が発生しますので、市民の皆様の御理解と御協力をお願いします。
 各種訓練は参観が可能ですので、参観希望の方はぜひ会場までお越しください。

実施日時

 9月27日 木曜日 午前9時30分から午後0時30分まで

実施会場

 むつ市脇野沢地区 脇野沢中学校体育館及びグラウンド周辺

災害想定

 下北地方では9月25日火曜日から連続した降雨が続いているなか、9月27日木曜日に東北地方に上陸した台風の影響で、むつ市に「大雨特別警報」が発表された。
 脇野沢では、1時間に降水量が100mm、24時間降水量が200mmを観測し、この影響で土砂崩れや河川の増水が発生している。

訓練予定

訓練プログラム [43KB pdfファイル] 

訓練紹介 [75KB pdfファイル] 

ペット同行避難について [1617KB pdfファイル] 

会場全体図 [152KB pdfファイル]