ここ数年、全国各地で様々な災害が発生し、甚大な被害を与えております。これらは自然の力によるものであるため、当然避けることができない部分が大きいのではありますが、被害を最小限に抑えるためには「自助」、そして、地域コミュニティなどによる「共助」の力が必要であるという認識がこれまで以上に高まっております。

 この度、青森地方気象台からご協力いただき、防災気象情報の利活用に係るご講演、災害が発生した時にどのような行動をとるべきかを地域住民で話し合う場を、下記のとおり設けることといたしました。

いつ

 令和2年1月22日(水曜日)午後1時から3時

どこで              

 むつ市役所川内庁舎2階多目的ホール    

参加者

 川内地区町内会、川内地区住民、青森県防災士会むつ支部、下北ジオパーク推進協議会、

 下北ジオパークガイド、ほか市職員