ナビゲーションスキップメニュー
  1. 本文へ移動する

固定資産税の名義変更があった場合の口座振替について

質問

固定資産の名義変更等があった場合、口座振替は継続されますか。

回答

固定資産税は、納税義務者ごとに個人番号を持っています。

たとえば、固定資産の相続があって、納税義務者が変わった場合や、共有名義の固定資産税の持分に変更があった場合は個人番号が変わります。新所有者がもともと口座振替をしている場合はその口座から振替されますし(個人番号をご確認ください)、新たに口座振替を希望する場合は申込手続きが必要になります。

この記事をSNSでシェアする
  • Twitter
  • facebook
  • LINE

この記事へのお問い合わせ

財務部税務課

〒035-8686

青森県むつ市中央一丁目8-1

電話:0175-22-1111(代表)

市民税担当 内線:2214・2215

固定資産税担当 内線:2224・2225

収納担当 内線:2235・2236

納税管理担当 内線:2252・2253

アンケートフォームホームページのよりよい運営のため、アンケートにご協力をお願いします

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:ご意見・ご要望をお聞かせください。

※ 施設利用など(予約・申込等)については、アンケートでは受付できません。各施設へご連絡ください。

ページ上部へ