○むつ市私道整備補助金交付要綱

平成4年4月16日

告示第21号

(趣旨)

第1条 市は、市民の生活環境の向上を図るため、町会及び地域住民で組織する団体(以下「町会等」という。)が行う私道整備に要する経費について、毎年度予算の範囲内において、町会等に対し、むつ市私道整備補助金(以下「補助金」という。)を交付するものとし、その交付については、むつ市補助金等に関する規則(昭和61年むつ市規則第16号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、この要綱に定めるところによる。

(定義)

第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 公道 道路法(昭和27年法律第180号)第3条に規定する道路をいう。

(2) 私道 前号に規定する公道以外の道路で、当該道路敷地が私人の所有に属し、地域住民が一般の交通の用に供している道路をいう。

(3) 私道整備 私道の舗装工事又は排水施設工事をいう。

(補助対象の基準)

第3条 補助の対象となる私道は、町会等が行う延長20メートル以上の私道整備であって、次の要件を備えるものとする。ただし、市長が公益上特に必要があると認める場合は、この限りでない。

(1) 5戸以上の住民が利用していること。

(2) 私道に接続する道路及び排水施設が整備されていること。

(3) 私道の排水施設工事を行う場合は、放流先及び流末に支障がないこと。

2 前項の規定にかかわらず、次の各号のいずれかに該当する場合は、補助の対象としない。

(1) 私道整備に当たって、当該私道の敷地の所有者及びその他の権利を有する者の同意を得られない場合

(2) 私道が特定の目的に供されている場合

(3) 1年以内に掘削する計画がある場合

(4) 私道の敷地内に法令に違反する建築物等がある場合

(5) 宅地分譲を目的とする者が開発により築造した道路である場合

(工事の内容)

第4条 工事設計基準は、おおむね別表に掲げるとおりとする。

(補助対象経費及び補助金の額)

第5条 補助金の交付の対象となる経費は、私道整備に要する経費のうち、工事費とし、補助金の額は、当該工事費の2分の1に相当する額以内の額とする。ただし、次の各号のいずれかに該当する場合は、補助金の額は、当該各号に定める額とする。

(1) 砂利敷の効果が滅しやすい坂道であって、公益上特に必要があると市長が認める場合 当該工事費の10分の7に相当する額以内の額

(2) 延長が200メートル以上であって、多数の者が利用し、地域住民への貢献の度合いが高い私道であると市長が認める場合 当該工事費の10分の6に相当する額以内の額

(申請書等)

第6条 補助金の申請は、むつ市私道整備補助金交付申請書(様式第1号。以下「申請書」という。)によるものとする。

2 前項の申請書に添付しなければならない書類は、次のとおりとする。

(1) 私道の位置図

(2) 私道整備の実測図

(3) 公図の写し

(4) 土地の登記事項証明書

(5) 工事計画平面図

(6) 排水流末系統図

(7) 私道整備に伴う施工同意書(様式第2号)

(8) 誓約書(様式第3号)

(9) 施工業者の見積書

(10) その他市長が必要と認める書類

(補助金の交付の条件)

第7条 次に掲げる事項は、補助金の交付の決定がなされた場合において、規則第5条の規定により付された条件となるものとする。

(1) 補助金の交付の対象となる事業(以下「補助事業」という。)の内容又は補助対象経費の配分を変更する場合には、むつ市私道整備変更承認申請書(様式第4号)を市長に提出し、その承認を受けること。

(2) 補助事業を中止し、又は廃止する場合には、むつ市私道整備中止(廃止)承認申請書(様式第5号)を市長に提出し、その承認を受けること。

(3) 補助事業に着手し、又は当該補助事業を完了した場合には、速やかに工事着工(完了)(様式第6号)を市長に提出すること。

(4) 補助事業が予定の期間内に完了しない場合又はこれらの遂行が困難となった場合には、速やかにその理由及び事業遂行状況を記載した書面を市長に提出し、その指示を受けること。

(5) 補助事業の状況、補助事業の経費の収支その他補助事業に関する事項を明らかにする書類、帳簿等を備え付け、これらを補助金の交付に係る年度の翌年度から5年間保管しておくこと。

(6) 規則及びこの要綱の定め並びに補助金の交付の決定の内容及びこれに付した条件その他法令等に基づく市長の命令を遵守すること。

(申請の取下げの期日)

第8条 規則第7条第1項の規定による補助金の交付の申請の取下げの期日は、補助金の交付の決定の通知を受けた日から起算して15日を経過した日とする。

(補助金の交付の方法)

第9条 補助金は、補助事業完了後交付する。

(補助金の請求)

第10条 補助金の請求は、むつ市私道整備補助金請求書(様式第7号)を市長に提出して行うものとする。

(実績報告)

第11条 規則第12条の規定による報告は、補助事業の完了の日(補助事業の廃止の承認を受けた場合は、その日)から起算して30日を経過した日までに、むつ市私道整備完了(廃止)実績報告書(様式第8号)を市長に提出して行うものとする。

(補助の制限)

第12条 この要綱に基づき、補助金を受けて整備された私道については、第3条の規定にかかわらず、工事の完了に係る年度の翌年度から5年間は補助の対象としない。

(維持管理)

第13条 補助金を受けて整備された私道の維持管理は、利害関係人が共同して行わなければならない。

附 則

この要綱は、告示の日から施行する。

附 則(平成26年3月27日告示第42号)

この要綱は、平成26年4月1日から施行する。

別表(第4条関係)

道路標準断面図

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

むつ市私道整備補助金交付要綱

平成4年4月16日 告示第21号

(平成26年4月1日施行)