ナビゲーションスキップメニュー
  1. 本文へ移動する

むつ市手話奉仕員養成講座「入門編」を開催します

受講生募集します!

手話の初心者を対象とした講座です。

聴覚障害のある人への理解を深め、簡単な手話語彙や手話表現技術を習得し、手話でコミュニケーションする楽しさを学びます。

はじめての方も大歓迎です。みなさんのお申し込みをお待ちしております。

 

 

対象者:市内在住の方、または市内に通勤・通学している15歳以上の方(中学生を除きます。)

 

定   員:20名(申し込み多数の場合、抽選とさせていただきます)

 

受講料:無料(ただし、テキスト代3,300円は自己負担です)

 

会 場:下北文化会館

 

申込方法:申込書に記入し、7月29日(金)までに障がい福祉課へ申込ください

(郵送、FAXでの申込可能です。18歳未満の方は、保護者の承諾が必要です)

 

日   程:令和4年8月20日・27日、9月3日・10日・17日、10月8日・15日・29日、

11月19日・26日、12月3日(すべて土曜日、全11日)

 

手話奉仕員養成講座(入門編)チラシPDFファイル(661KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

 

  • 申込多数の場合は、厳正な抽選を行い、申込者全員に受講の可否について結果を通知します。
  • テキストは「手話奉仕員養成テキスト 手話を学ぼう手話ではなそう」を使用しますので、お持ちでない方は申込時にご注文ください。
    (受講が決定した方のみ、講座初日に代金と引き替えにお渡しします。)
  • 受講時は、透明マスクもしくはフェイスシールドをご準備ください。
  • 手話奉仕員養成講座は、「入門編」と「基礎編」があります。今回は「入門編」の7割以上を受講した方に修了証を交付します。修了証が交付された方は、次期開催予定の「基礎編」を受講することができます。
     

    聴覚等に障がいのある方にとって、手話であいさつや日常会話ができることは大きな喜びになります。手話を学んで、聴覚等に障がいのある方と手話で会話をしてみませんか。

     

    手話奉仕員とは、ボランティアとして聴覚等に障がいのある方の社会参加と安心した地域生活を手話による日常会話等で支援できる方です。

    将来、手話通訳者を目指す方には、今回の講座が“第一歩”となります。

     
この記事をSNSでシェアする
  • Twitter
  • facebook
  • LINE

この記事へのお問い合わせ

福祉部障がい福祉課

〒035-8686

青森県むつ市中央一丁目8-1

電話:0175-22-1111(代表)

内線:2592・2594・2596

ページ上部へ