令和3年社会生活基本調査

調査について

 総務省統計局(青森県)では、10月20日現在で社会生活基本調査を実施します。
 社会生活基本調査は、わたしたちが1日のうちどのくらいの時間を仕事、家事、地域での活動などに費やしているかや、過去1年間の自由時間にどのような活動を行ったかについて調査し、仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)の推進、少子高齢化対策などの政策に必要な基礎資料を得ることを目的として実施します。
 この調査は、「統計法」という法律に基づいた基幹統計調査として国が実施する重要な統計調査です。調査対象は、統計理論に基づき無作為に選ばれた全国の約91,000世帯で、その世帯にふだん住んでいる10歳以上の世帯員約194,000人です。
 国が実施する統計調査のうち統計法(国の統計に関する基本的な法律)により特に重要なものとされる「基幹統計調査」として実施する調査で、昭和51年以降5年ごとに実施し、今回が10回目の調査となります。
 今回の調査では、多様な働き方の選択を可能とする仕事と生活の調和の実現が求められている一方で、情報通信機器の急速な普及や新型コロナウイルス感染症の影響により生活様式も変化している中で、より的確に国民の社会生活の実態を捉えることをねらいとしています。


※ むつ市の対象地区は次のとおりです。

  1. 山田町22番,山田町27番
  2. 緑町16番,緑町17番
  3. 柳町4丁目8番,柳町4丁目9番,柳町4丁目3番
  4. 大字関根字北関根,大字関根字水川目
  5. 宇田町11番,宇田町10番,宇田町18番,宇田町17番,宇田町16番
  6. 大畑町上野52~96

 

 調査をお願いする世帯には、10月上旬から中旬にかけて、調査員が伺い、調査書類をお配りします。回答は、紙の調査票への記入だけでなく、皆様により便利にご回答いただくため、パソコンやスマートフォン等を使ってインターネットで回答することもできます。いつでも回答可能で便利なインターネット回答を是非ご活用ください。
 なお、調査票の記入内容は、統計法によって厳重に保護されており、インターネット回答における通信も、全て暗号化(SSL/TLS方式)され、不正なアクセスなどの監視も24時間行っていますので、回答データは厳重に守られます。また、調査員を始めとする調査関係者が調査で知り得た内容を他に漏らしたり、統計を作成・分析する目的以外に調査票を使用することは絶対にありません。これらの行為は「統計法」により固く禁じられていますので、どうぞ安心してありのままをご回答くださるようお願いします。

リンク

青森県のウェブサイト

総務省統計局のキャンペーンサイト