災害対策基本法が改正され、令和3年5月20日から新たな避難情報に変わります。

災害に備えて、警戒レベルに対応する避難情報・避難行動を確認しましょう。

 

 

新しい避難情報に関するポスター・チラシ.pdf [547KB pdfファイル] 

避難行動判定フロー・避難情報のポイント.pdf [1386KB pdfファイル] 

避難行動判定フロー(小学生向け).pdf [244KB pdfファイル] 

 

「避難勧告」と「避難指示」は「避難指示」に一本化されます。

大雨等で災害発生のおそれが高い状況で市から警戒レベル4「避難指示」が発令された場合は、危険な場所から必ず避難してください。

避難に時間がかかると思われる方は「高齢者等避難」で避難行動を開始してください。

高齢の方や障がいのある方、乳幼児のいるご家庭など、避難に時間がかかると思われる方は、市から警戒レベル3「高齢者等避難」が発令されたら危険な場所から避難しましょう。

 

名称変更の経緯

 令和元年台風19号(令和元年東日本台風)では、東日本を中心とした記録的な大雨により、1都12県309市町村に大雨特別警報が発表され、河川の決壊や土砂災害など、各地で甚大な被害が発生しました。

 この豪雨では、避難をしなかった、避難が遅れたことによる被災や、屋外移動中の被災、また高齢者等の被災が多く、警戒レベル4の中に「避難勧告」と「避難指示(緊急)」の両方が位置づけられ分かれにくいとの課題も顕在化しました。

 このため、国は災害対策基本法を改正し、警戒レベル4の「避難勧告」と「避難指示」については「避難指示」に一本化するなど、避難情報が変更されました。

避難指示等の発令について

 むつ市では、災害が発生した時、または発生するおそれがある場合に「高齢者等避難」・「避難指示」などの避難情報を発令することがあります。避難所や避難場所も事前に確認しましょう。

 避難情報を発令した際には、防災行政無線やラジオ、広報車、市ホームページなどでお知らせしますので、こまめに確認してください。

 ※避難所一覧