本市の小学校13校、中学校9校(うち小中学校3校)の多くは、昭和40年代から昭和50年代にかけて建設され、老朽化による修繕・改修費用が財政を圧迫し、大きな課題となっております。その一方、人口減少や少子高齢化等により公共施設等のあり方が変化していくことが予想され、配置等を見直しながら計画的な教育環境の整備が求められていることから、「むつ市学校施設の長寿命化計画」を令和3年3月に策定いたしました。

 

むつ市学校施設の長寿命化計画

計画期間

令和3年から令和42年の40年間(必要に応じて中途見直し)