これまでの感染拡大の経験から、感染リスクが高い行動や場面が明らかになってきました。

クラスター分析から得られた知見から、

  1. 感染リスクが高まる「5つの場面」
  2. 感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫

が新型コロナウイルス感染症対策分科会により、提言としてまとめられています。

感染リスクが高まる「5つの場面」

感染リスクが高まる「5つの場面」

感染リスクが高まる「5つの場面」 [516KB pdfファイル] 出典:内閣官房ホームページ

感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫

利用者のみなさんへ

  • 箸やコップは使いまわさず、ひとりひとりで。
  • 座席の配置は斜め向かいに。正面や真横はなるべく避ける。
  • 会話をするときはなるべくマスクを着用。
  • 換気が適切になされているなどの工夫をしている、ガイドラインを遵守したお店で。
  • 体調が悪い人は参加しない。
飲酒をする場合は
  • 少人数・短時間で。
  • なるべく普段一緒にいる人と。
  • 深酒・はしご酒などは控え、適度な酒量で。

お店のみなさんへ

  • お店はガイドラインの遵守を。
  • 利用者に上記の留意事項の遵守や、接触確認アプリ(COCOA)のダウンロードを働きかける。

飲食の場面も含め、すべての場面でこれからも引き続き守ってほしいこと

  • 基本はマスク着用や三密を回避しましょう。室内では換気をよくしましょう。
  • 集まりは少人数・短時間にしましょう。
  • 大声を出さず会話はできるだけ静かにしましょう。
  • 共用施設の清掃・消毒、手洗い・アルコール消毒の徹底をしましょう。

参考

青森県からのお知らせ

令和2年12月21日(月)に開催された、第29回新型コロナウイルス感染症に係る危機対策本部会議において、県内飲食店でのクラスター発生が相次いだことを踏まえ、青森県から「飲食店を利用する際のチェックポイント」が示されました。
飲食店を起点とした感染が起こらないよう、特段のご協力をお願いします。

飲食店を利用する際のチェックポイント
(青森県)飲食店を利用する際のチェックポイント.pdf [101KB pdfファイル]