地球温暖化とは?

 地球は、太陽からのエネルギーにより地上が暖められ、一部が宇宙に放出されますが、この熱を大気中の二酸化炭素などの温室効果ガスが吸収し、再び地上に戻すこと(温室効果)により、地球の平均気温は生物が生きるのに適した環境に保たれてきました。

 しかし、産業革命以降、石油や石炭などの化石燃料を燃やすなど、人間の活動に伴って大気中の二酸化炭素濃度が上昇し続けています。その結果、温室効果が強くなり、地上の温度が上昇する「地球温暖化」という現象が生じています。

  地球温暖化のしくみの画像

  出典:環境省ホームページ「地球温暖化の現状」

地球温暖化の影響

 地球温暖化は、単に気温が上昇して暑くなるという現象ではありません。
 例えば、下記のように自然環境や人間の暮らしに重大な影響を及ぼします。

氷河の融解や海水面上昇

  

大雨や干ばつなどの異常気象の増加

  

穀物等の生産量の低下による世界的な食料不足

  

動植物の絶滅や生物多様性の損失

  

マラリアなどの熱帯性の伝染病の増加

  

私たちができること

 地球温暖化を防止するためには、私たち一人ひとりが、日々の生活の中で意識して行動することが大切です。できるところから始めてみましょう。

エアコンを適切な温度に設定する

 エアコンの設定温度の目安は、夏は28℃、冬は20℃。クールビズやウォームビズを心がけて、過度に冷暖房に頼らないようにする。

  

使用していない照明や家電のスイッチを切る

 こまめな消灯を心がけ、テレビなどのつけっぱなしをやめる。長時間使用しないものはコンセントを抜く。

  

水を大切に使う

 シャワーなど水道水の出しっぱなしをやめ、風呂の残り湯は洗濯などに活用する。

  

エコドライブをする

 車を発進するときは、アクセルの踏み込みをやさしくし、加速・減速の少ない運転をする。また、無駄なアイドリングをやめる。

  

車の利用を控えめにする

 通勤や通学のほか、旅行やちょっとした外出も電車やバスなどの公共交通機関をを利用し、近距離のときは徒歩や自転車で移動する。

  

マイバッグ、マイポット、マイ箸を持ち歩く

 マイバッグを持参し、レジ袋をもらわない。また、マイポットやマイ箸を持参し、不必要に使い捨て製品を使用しない。

  

LED照明を選ぶ

 電球型LEDランプは白熱電球に比べ、約85%消費電力を抑えることができ、約40倍長持ちする。

  

エコ家電を選ぶ

 家電を購入するときは、省エネラベルを確認し、省エネ性能の高い家電を選択する。

  

 エコカーを選ぶ

 自動車を購入するときは、電気自動車、燃料電池自動車、ハイブリッド車など、燃費性能の高い車を選択する。

  

省エネ型の住宅を選ぶ

 リフォームや住み替えのときは、断熱性能、気密性能、日射遮へい性能の高い住宅を選択する。