ナビゲーションスキップメニュー
  1. 本文へ移動する

特別徴収(事業所の方へ)

給与からの特別徴収

 給与特別徴収とは、事業所(給与支払者)が、従業員(納税義務者)に代わって、毎月従業員に支払う給与から個人住民税を天引きして市町村へ納入していただく制度です。

 事業所(給与支払者)は、特別徴収義務者として、法人・個人を問わず、原則すべての従業員について個人住民税を特別徴収していただく必要があります。

  •  従業員には、パート、アルバイト、短期雇用者、非常勤職員、役員などを含みます。

対象となる事業所

 給与支払いの際、所得税の源泉徴収義務がある事業所(給与支払者)が対象です。

 所得税法第183条により所得税の源泉徴収義務がある事業所(給与支払者)は、地方税法第321条の4および市町村の税条例により『個人住民税の特別徴収義務者』となります。

給与特別徴収のメリット

  • 給与から天引きされるので、個々に税金を納める手間が省けます。
  • 税額計算は市が行うので、事業所での税額計算は不要です。
  • 普通徴収の納付が8期分割であるのに対し、給与特別徴収は原則として6月から翌年5月までの12期分割であるため、1期あたりの税負担が少なくなります。

【例】年税額が75,000円の場合の1回の納税額は次のとおりです。
 年税額は変わりませんが、支払回数が多くなるため1回あたりの支払額が少なくなります。

年税額 普通徴収 特別徴収
75,000円 第1期 第2期から第8期 6月 7月から5月
9,900円 9,300円 6,800円 6,200円
第1期(6月)から第8期(翌年1月)まで8回払い 6月から翌年5月まで12回払い

特別徴収Q&A

Q1 どのような場合に特別徴収をしなければいけませんか?

A1 従業員が前年中に給与の支払いを受けており、かつ当年4月1日において給与の支払いを受けている場合、事業所は原則として特別徴収しなければなりません。

Q2 従業員はパートやアルバイトでも特別徴収しなければなりませんか?

A2 アルバイト、パート、役員など原則すべての従業員から特別徴収する必要があります。ただし、次の場合は特別徴収の趣旨である利便性の向上に反することから、申請により普通徴収にすることができます。 
 ※ 「事務員が不足している」等の理由は認められませんのでご注意ください。

  •  総従業員数が3人未満
  • 他事業所から特別徴収されている
  • 給与から税額を引ききれない
  • 給与支給日が不定期
  • 専従者
  • 退職者または退職予定者

Q3 従業員から普通徴収で納めたいと言われたが…

A3 所得税の源泉徴収義務のある事業所は、法令により特別徴収しなければなりません。したがって従業員の希望により普通徴収を選択することはできません。

給与特別徴収のしかた

特別徴収のイメージ図

  1. 事業所は特別徴収希望であることを明記のうえ、給与支払報告書を1月31日までに市役所に提出してください。
  2. 市役所は確定申告・住民税申告等と照らし合わせて税額を計算します。
  3. 市役所は5月に特別徴収税額を記載した事業所への通知書と、従業員への通知書をあわせて事業所に送付します。
  4. 事業所は従業員への通知書を配付します。
  5. 給与支払いの際、事業所は税額を差し引いて従業員に支給します。
  6. 事業所は差し引いた税金を取りまとめて翌月10日までに納付します。

※ 年度の途中で新たに特別徴収を開始する従業員ができた場合や、退職者や転勤する従業員がいる場合には変更があったことの届出を提出します。届出の様式等をご希望の方は『特別徴収の届出様式』の欄をご覧ください。

退職所得に係る特別徴収

 退職金に関しては、支払われる際に住民税を差し引いて支払われます。これは毎月の住民税とは区別して(分離課税といいます)事業所が総括して納付します。
 計算方法についてなど、詳しくは市税務課までお問い合わせください。

退職所得等の分離課税に係る所得割の納入申告書を提出する場合の個人番号の取り扱い

 マイナンバー制度の本格的な運用に伴い、平成28年1月1日以後に行われる退職所得等の分離課税に係る所得割の納入申告では、法人番号または個人番号の記載が必要となりました。

法人番号が付与されている事業所の場合

 「特別徴収の納入書」の裏面に必要事項および法人番号を記載し、金融機関等へ提出してください。

  • 「特別徴収の納入書」サンプル

特別徴収納入申告書

法人番号が付与されていない事業所の場合

 以下の1と2を行ってください。

  1. 「市民税・県民税納入申告書」をむつ市役所へ送付
    必要事項および個人事業主様の「個人番号」を記載してください。
  2. 「特別徴収の納入書」を金融機関等へ提出
    裏面に必要事項を記載し、個人事業主様の「個人番号」は記載しないでください。
  • 「市民税・県民税納入申告書」サンプル

市民税・県民税納入申告書

市民税・県民税納入申告書

※ A4用紙1枚につき、申告書3枚分となっておりますので、切り離してご使用ください。

特別徴収の届出様式

特別徴収に係る給与所得者異動届出書

 納税者に退職、転職等の異動があった場合には、ただちにこの書類を提出してください。

 ※ 以下の記入方法を参考にご記入ください。

特別徴収への切替届出書

 会社に新規採用された場合などで、市民税・県民税を普通徴収で納税されている従業員の徴収方法を給与からの特別徴収に切り替える場合、この届出を提出してください。

※ 以下の記入方法を参考にご記入ください。

特別徴収義務者の所在地・名称変更届出書

 給与支払者の住所移転や名称の変更などがあった場合に記載して提出してください。

この記事をSNSでシェアする
  • Twitter
  • facebook
  • LINE

この記事へのお問い合わせ

財務部税務課

〒035-8686

青森県むつ市中央一丁目8-1

電話:0175-22-1111(代表)

市民税担当 内線:2214・2215

固定資産税担当 内線:2224・2225

収納担当 内線:2235・2236

納税管理担当 内線:2252・2253

アンケートフォームホームページのよりよい運営のため、アンケートにご協力をお願いします

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:ご意見・ご要望をお聞かせください。

※ 施設利用など(予約・申込等)については、アンケートでは受付できません。各施設へご連絡ください。

ページ上部へ