ナビゲーションスキップメニュー
  1. 本文へ移動する

ウォーカブル推進都市

世界の多くの都市で、まちなかを車中心からひと中心の空間へと転換し、人々が集い、憩い、多様な活動を繰り広げられる場へと改変する取組が進められています。

これらの取組は、ひと中心の豊かな生活空間を実現させるだけでなく、地域消費や投資の拡大、観光客の増加や健康寿命の延伸、孤独・孤立の防止のほか、様々な地域課題の解決や新たな価値の創造につながります。

これを踏まえ、2019年7月から国土交通省では、「居心地が良く歩きたくなるまちなか」の形成を目指し、国内外の先進事例などの情報共有や、政策づくりに向けた国と地方とのプラットフォームとして、ウォーカブルなまちづくりをともに推進する都市を「ウォーカブル推進都市」としています。

むつ市もウォーカブル推進都市として

むつ市では、日常において車の移動を中心とした生活スタイルが多い状況ですが、田名部祭りや各地区でのイベントで、ふとしたきっかけで新しいお店を見つけたりなど、歩くことでまちの良さに気づくことがあります。

そこで、むつ市のこれからの新たな都市再生の一つの手法として、「居心地が良く歩きたくなるまちなか」により、楽しいまちにしていくなどとして、2019年8月、ウォーカブル推進都市に参画しました。

むつ市のウォーカブル推進都市「居心地が良く歩きたくなるまちなか」とした取組

まちなかウォーカブル区域(滞在快適性等向上区域)

滞在快適性等向上区域は都市再生整備計画に位置付けることが必要です。

現在、田名部まちなか地区都市再生整備計画に田名部まちなか地区ウォーカブル区域を、金谷都市拠点地区都市再生整備計画に金谷都市拠点地区ウォーカブル区域を定めています。

田名部まちなか地区ウォーカブル推進計画

都市再生推進法人「むつまちづくり株式会社」では、ゆとりとにぎわいのある歩きたくなるまちの実現に向けてウォーカブル推進計画を策定しています。

歩行空間の形成 ゾーン30プラス

コンパクトシティの推進として、立地適正化計画の居住誘導区域における子どもたちの移動経路や生活道路のエリアにおける交通安全対策など、安全・安心な歩行空間の形成による「心地よい生活空間の創生」、「歩きたくなるまちづくり」を進めています。

また、幼稚園、小学校、中学校、高等学校が集積する昭和地区では、ゾーン30プラスとした整備を進めています。

スマート・ウェルネス・ラボ

2023年6月、むつ市関係課職員を集め、むつ市の平均寿命、健康寿命を伸ばすための新たな取組を検討し提案するチームを健康づくり推進課が所管となって設立しました。

チーム名は「スマート・ウェルネス・ラボ」といいます。略称を「スマラボ」としています。

ウォーカブル推進都市の取組として都市計画課コンパクトシティ推進室からも職員1名を派遣しています。

国土交通省ページ

この記事をSNSでシェアする
  • Twitter
  • facebook
  • LINE

この記事へのお問い合わせ

都市整備部都市計画課

〒035-8686

青森県むつ市中央一丁目8-1

電話:0175-22-1111(代表)

都市計画担当 内線:2741~2743

みどりと景観担当 内線:2744

まちづくり推進担当 内線:2745

アンケートフォームホームページのよりよい運営のため、アンケートにご協力をお願いします

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:ご意見・ご要望をお聞かせください。

※ 施設利用など(予約・申込等)については、アンケートでは受付できません。各施設へご連絡ください。

ページ上部へ