ナビゲーションスキップメニュー
  1. 本文へ移動する

令和4年度 むつ市のがん検診について

 受診にあたってのお願い

がんを早期発見するためには、自覚症状のないうちから、がん検診を定期的に受けることが大切です。

コロナ禍でも安心してがん検診を受診していただくために、むつ市では消毒の徹底やソーシャルディスタンスの確保など感染症対策を実施しています。

◆受診を見合わせていただきたい状況について

(1)37.0度以上の発熱がある方、または発熱が続いている方

(2)風邪の症状(発熱、咳、くしゃみ、鼻水、喉の痛みなど)がある方

(3)同居家族や身近な方に、新型コロナウイルス感染症の患者濃厚接触者がいる方

(4)その他、体調に不安のある方

◆受診時にお願いしたいこと

(1)検診中は必ずマスクを着用してください。

(2)密集状態を避けるため、受付時間前の来場はご遠慮ください。

(3)検診会場入口での、体温測定と手指消毒にご協力ください。

(4)人と人との距離を保つこと、会話は最小限とすることにご協力ください。

◆中止、変更となる場合

感染症拡大状況により、年度途中でも集団検診および個別検診が中止になる可能性があります。

中止・変更については、むつ市ホームページ等でお知らせします。

 

むつ市のがん検診について

◆がん検診の目的

がん検診の目的は、がんを早期に発見し、適切な治療を行うことで、がんによる死亡を減少させることです。

単に多くのがんを見つけることが、がん検診の目的ではありません。

◆がん検診の対象は自覚症状のない方です

検診は、自覚症状のない(健康な人)を対象に、精密検査が必要かどうかを選別(スクリーニング)するものであり、病気を診断する場ではありません。自覚症状のある方は、早めに専門医療機関を受診することをお勧めします。

 

 次のいずれかに該当する場合は、むつ市のがん検診の対象とはなりません。

・(検診部位の)自覚症状や気になることがある方

・現在治療中や経過観察中又は治療を中断している方

・前回受けたがん検診で、要精密検査となったが精密検査を受けていない方

・妊娠中の方、妊娠している可能性がある方(大腸がん検診のみ可能)

◆がん検診のメリットとデメリット

 がん検診のメリットとデメリットをご理解の上、がん検診を受診してください。
 

【メリット】

・早期発見、早期治療。早期のがんであれば、そのほとんどが治り、短期の治療で済む可能性があります。

・がんに限らず病気が発見されることにより、適切な治療に結びつくことができます。

・個人で受診する検診に比べ、費用が安価で受診できます。

【デメリット】

  • 残念ながら、どんなに優れた検査でも100%の精度ではありません。
    がんは発生した時点から、一定の大きさになるまで検査で発見することはできません。その可能性は、がんの種類や検査の精度によって異なります。さらに、がんそのものが見つけにくい形であったり、見つけにくい場所に出たりする場合もあります。
     
  • がんではないものや進行がんにならないがんが見つかった場合に、結果的にみると不必要な治療や検査が行われることがあります。
     
  • 検査に伴い偶発的に事故が起こる可能性があります。
    たとえば、胃の内視鏡検査で出血を起こすことや、X線検査による放射線被ばくにより、がんの誘発や遺伝的影響があることも、極めて低い確率ではありますが否定できません。
 

むつ市で実施しているがん検診項目と費用について

むつ市では、厚生労働省の「がん予防重点教育及びがん検診実施のための指針」に基づく胃がん、大腸がん、肺がん、子宮頸がん、乳がん検診を実施しています。

乳がん検診、子宮がん検診は2年に1回、その他の検診は1年に1回の受診が可能です。

◆検診項目一覧

検診項目

対象年齢 検診内容

料金

胃がん検診

40歳以上の方

胃部エックス線検査(バリウム検査)

1,080円

大腸がん検診 40歳以上の方 便潜血反応検査 360円
肺がん検診 40歳以上の方

胸部エックス線検査

(*50歳以上の該当者のみ喀痰細胞診)

370円

喀痰細胞診:540円

子宮頸がん検診

※2年に1回

20歳以上の方 子宮頸部細胞診 1,010円

乳がん検診

※2年に1回

40歳以上の方 乳房エックス線検査(マンモグラフィ検査)

40歳~59歳:910円

60歳以上:700円

 

◆費用免除対象者      

次のいずれかに該当する場合は、費用が免除されます。

・生活保護世帯に属する方

・市民税非課税世帯に属する方

・70歳以上の方(令和5年3月31日までに70歳になる方を含む)

◆がん検診推進事業

特定の年齢の方を対象に、子宮頸がん検診および乳がん検診を無料で実施しています。

対象者の方へは、クーポン券を6月に発送しています。

★子宮頸がん検診 無料クーポン券対象者

年齢 生年月日
20歳 平成13年(2001年)4月2日~平成14年(2002年)4月1日

*年齢は令和4年4月1日時点のものです。

★乳がん検診 無料クーポン券対象者

年齢 生年月日
40歳 昭和56年(1981年)4月2日~昭和57年(1982年)4月1日

*年齢は令和4年4月1日時点のものです。

◆むつ市がん検診推進事業

特定の年齢の方を対象に、胃がん検診・大腸がん検診・肺がん検診・子宮頸がん検診・乳がん検診を無料で実施しています。

対象者の方は、当日会場にて無料になります。

年齢

生年月日 無料になるがん検診
30歳 平成3年(1991年)4月2日~平成4年(1992年)4月1日 子宮頸がん検診
40歳 昭和56年(1981年)4月2日~昭和57年(1982年)4月1日 胃がん検診・大腸がん検診・肺がん検診・子宮頸がん検診・乳がん検診
50歳 昭和46年(1971年)4月2日~昭和47年(1972年)4月1日 大腸がん検診
60歳 昭和36年(1961年)4月2日~昭和37年(1962年)4月1日 大腸がん検診

*年齢は令和4年4月1日時点のものです。

がん検診の日程について

がん検診を受ける方法は、「集団検診」と「個別検診」があります。

◆集団検診について

 指定された日時・会場で実施する検診です。
 令和4年度がん検診日程(8月20日まで)PDFファイル(285KB)
   令和4年度がん検診日程(12月16日まで)PDFファイル(248KB)
がん検診 予約方法
(1)電話で予約する
 健診受付専用コールセンター:☎0120-489-624
 受付時間:平日 8時30分~17時15分
 
(2)WEBで予約する
 けんしん予約「AITEL」からお申し込みください。

  https://www.aitel-reservation.jp/mutsucity-aomori/このリンクは別ウィンドウで開きます
※けんしん予約「AITEL」から予約をするためには、最初にアカウントの作成が必要となります。
 アカウントの作成が終了したのち、予約を行ってください。

    

けんしん予約「AITEL」QRコード 

◆個別検診について

指定された医療機関および検診機関で受ける検診です。

*むつ市で交付する受診券が必要となります。事前にむつ市へお申し込みください。

医療機関および検診機関 受けられるがん検診

むつ総合病院

子宮頸がん検診・乳がん検診
北村医院 むつレディスクリニック 子宮頸がん検診
中央レディスクリニック 子宮頸がん検診
八戸西健診プラザ

胃がん検診・大腸がん検診・肺がん検診・子宮頸がん検診・乳がん検診

 

がん検診 予約方法

(1)電話で予約する
健診受付専用コールセンター:☎0120-489-624

受付時間:平日 8時30分~17時15分

 

(2)WEBで予約する

けんしん予約「AITEL」からお申し込みください。
https://www.aitel-reservation.jp/mutsucity-aomori/このリンクは別ウィンドウで開きます

※けんしん予約「AITEL」から予約をするためには、最初にアカウントの作成が必要となります。

アカウントの作成が終了したのち、予約を行ってください。

    

けんしん予約「AITEL」QRコード

問い合わせ先

・本庁舎健康づくり推進課 電話0175-22-1111(内線2576)

・川内庁舎市民生活課 電話0175-42-2111

・大畑庁舎市民生活課 電話0175-34-2111

・脇野沢庁舎市民生活課 電話0175-44-2111

この記事をSNSでシェアする
  • Twitter
  • facebook
  • LINE

この記事へのお問い合わせ

健康づくり推進部健康づくり推進課

〒035-8686

青森県むつ市中央一丁目8-1

電話:0175-22-1111(代表)

健診担当 内線:2574・2576~2578

保健事業担当 内線:2571・2572・2575・2579

アンケートフォームホームページのよりよい運営のため、アンケートにご協力をお願いします

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:ご意見・ご要望をお聞かせください。

※ 施設利用など(予約・申込等)については、アンケートでは受付できません。各施設へご連絡ください。

ページ上部へ