ナビゲーションスキップメニュー
  1. 本文へ移動する

金谷都市拠点地区都市再生整備計画

 金谷都市拠点地区において、都市再生特別措置法第46条第1項に基づく都市再生整備計画を策定し、同法同条第28項に基づき公表します。

 金谷都市拠点地区では、金谷公園を中心に、むつ総合病院、下北文化会館、小学校、屋内遊戯施設が立地し、大学キャンパス、むつ総合病院新病棟、認定こども園の新たな整備に合わせ、官民連携による都市機能の高度化および各施設の一体的空間の形成により、多様なにぎわいとコミュニティの創出を図ることとしています。

 また、低未利用地の有効活用による公園区域の拡充により、まちの回遊性向上と歩行者ネットワークの強化を図るとともに、総合病院と金谷公園の一体的な医療機能および防災機能の強化により、安全・安心で暮らしやすいまちの実現を図ることとしています。

2024年1月 金谷都市拠点地区都市再生整備計画を変更しました

令和6年1月、事業内容の見直し等に伴い、計画変更を行いました。

 

  1. 都市再生整備計画の名称
    • 金谷都市拠点地区都市再生整備計画
  2. 都市再生整備計画の区域
    • むつ市金谷一丁目、小川町一丁目、小川町二丁目の各一部
  3. 都市再生整備計画の面積
    • 55ヘクタール 
  4. 計画期間
    • 令和4年度~令和8年度 
  5. 都市再生整備計画の目標
    • オープンスペースとコミュニティが紡ぐゆとりとにぎわいのある都市拠点の構築
      • 官民一体となった魅力ある空間形成によるにぎわいとコミュニティの創出
      • 低未利用不動産の有効活用によるまちの回遊性向上と歩行者ネットワークの強化
      • 医療機能と防災機能の強化による安全・安心で暮らしやすいまちの形成
  6. 都市再生整備計画

過去の都市再生整備計画

​下北半島都市圏広域的な立地適正化の方針

むつ市立地適正化計画では、むつ総合病院を都市機能誘導区域における誘導施設として設定しています。

むつ市立地適正化計画を踏まえ、横浜町、大間町、東通村、風間浦村、佐井村を連携市町村として「下北半島都市圏広域的な立地適正化の方針」を策定し、むつ総合病院を基幹的誘導施設として位置付け、下北半島都市圏における都市機能施設の立地の適正化を行うこととしています。

この記事をSNSでシェアする
  • Twitter
  • facebook
  • LINE

この記事へのお問い合わせ

都市整備部都市計画課

〒035-8686

青森県むつ市中央一丁目8-1

電話:0175-22-1111(代表)

都市計画担当 内線:2741~2743

みどりと景観担当 内線:2744

まちづくり推進担当 内線:2745

アンケートフォームホームページのよりよい運営のため、アンケートにご協力をお願いします

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:ご意見・ご要望をお聞かせください。

※ 施設利用など(予約・申込等)については、アンケートでは受付できません。各施設へご連絡ください。

ページ上部へ